とにかく機能を詰め込めるだけ詰め込んだ異色の電動オナホール『フューチャーセクシャル Pro』

 

これまで多種多様な電動オナホールをレビューして行く中で、様々なペニスに対する快感へのアプローチが試されてきました。

 

 

振動機能や温め機能、吸引機能などをピストン式や回転式の電動オナホールと組み合わせることで、他の商品との差別化することを様々なメーカーが挑戦してきたためと言えます。

 

 

そんな中で2019年10月に発売された電動オナホール『フューチャーセクシャル Pro』は、これまで試されてきた電動機能を詰め込めるだけトコトン詰め込んで完成された新型のマシンです。

 

 

今回はその新型電動オナホール『フューチャーセクシャル Pro』を実際に購入してみましたので詳しくレビューしてみようと思います。

 

『フューチャーセクシャル Pro』開封レビュー

 

本体は黒のボックスに本体がデザインされた外観、しかし安っぽさは一切なくお金がかかっている感じが伝わってきます。

 

 

開封してみると流石は高級電動オナホール、梱包も非常に丁寧で内容もしっかりとしています。

 

 

実際に本体を手に取ってみても感じますが、外見は子供用のおもちゃのような見た目をしており、とても電動のオナホールだとは一目では判別できないでしょう。

 


 

特に専用ホールが最初から2種類装備されているのはありがたいですね。

 

 

『フューチャーセクシャル Pro』のセット内容
  • 『フューチャーセクシャル Pro』本体
  • 接続用コンセント
  • 専用ホール(赤)※専用ホール(青)は本体にセット済み
  • 取り扱い説明書

 

『フューチャーセクシャル Pro』の機能の数々を紹介

 

『フューチャーセクシャル Pro』には、ピストン機能を含めて全部で6種類もの機能が搭載されており、これまでここまで多くの機能を一度に搭載した電動オナホールは初めてです。

  • ピストン稼働10種類
  • ホール温め機能
  • ホール乾燥機能
  • ホール締め付け機能
  • 喘ぎ声モード(無駄にBluetooth機能も搭載)
  • 香水注入機能

 

喘ぎ声モードと香水機能は正直あまり必要だとは感じない機能でしたが、いかんせん1つ1つの機能が中途半端ではなく、しっかりと高い品質で搭載されていたというのには真面目に驚きがありました。

 

 

それぞれの機能について簡単に解説してみたいと思います。

 

ピストン稼働は静音性と共に高パフォーマンス

 

電動式ピストン機を作動させた際の必ずと言っていいほどのデメリットとして、その『静音性の問題』があります。

 

 

ガシガシとした大きな音は気が散ってしまいますし、アダルト動画に集中することができないくらいうるさいと、興奮も冷めてしまいます。

 

 

しかし『フューチャーセクシャル Pro』のピストン稼働は、作動させてみると他の商品よりも静かに稼働することがすぐに分かるくらいの差がありました。

 

 

ただ、A10ピストンSAほどの静音性はないので、その点はあまり期待しないほうがいいでしょう。

 

 

ピストン速度は最低速度でもそこそこのスピードがあるので、しっかりと内部とペニスにローションを使用しておきましょう。

 

 

パワーは文句なしで、途中で止まるということは一切ありません。

 

 

また、専用ホールが2種類用意されているのにも理由があり、個人的には青の専用ホールが低刺激系のマッタリホールで、赤の専用ホールが高刺激系のイメージで使用できました。

 


 

特に青の専用ホールはピストン速度の速さによる『即ヌキ』をあえて避ける形でのマッタリホールなので、長時間ゆっくりと楽しみたい人には適した刺激になっていました。

 

 

これらの刺激を調整して使用できるのはありがたかったです。

 

 

ピストンパターンは10種類も用意されているようですが、実際には最初のパターンと速度アップを少し組み合わせるだけで十分かな・・・といった印象でした。

 

温め機能と乾燥機能

 

『フューチャーセクシャル Pro』のホールキャップは、ただ閉めるだけというのもではなく白い突起が付いており、これがホールの温め機能と乾燥機能として機能します。

 

 

電源ケーブルを接続した状態で、本体のヒーティングボタンか、ドライヤーボタンを押すことで内部での稼働音がかすかに確認できます。

 

 

ヒーティングによる温めはNLS調べで15分後に39度を記録しており、これなら人肌を感じるのには十分なクオリティと言えます。

 

 

ドライヤー機能に関しては使用後の衛生面を確保する観点から非常に有効ですが、しっかりと水気をタオルなどで拭き取れるのならば不要な人もいるでしょう。

 

ホール内部のエアバッグ機能

 

ホール接続部分の側面には、小型のエアバッグが装着されておりこれによりホールの圧迫を楽しむことができます。

 


 

エアバッグの動作パターンはなぜここまで多い設定にしたのか10パターンも用意されており、それぞれ側面の調整ボタンで変更可能ですが、いまいちパターンの変更を実感するのは難しかったですね・・・。

 

喘ぎ声・香水機能

 

個人的には蛇足と感じざるを得ない機能ですが、本体には喘ぎ声を発する機能が装備されており、丁寧にも音量調節・Bluetooth機能まで搭載した優れものとなっています。

 

 

喘ぎ声には3種類ほどの種類があるので好みのものをチョイスできるので、アダルト動画などをどうしても確保できない場合には最終手段として使用してみるのもありかも・・・。

 

 

香水機能は本体上部に注入するソケット部分があり、そちらにお好みのものを入れることで使用可能です。

 

 

どちらもあってないような機能ですね。

 

『フューチャーセクシャル Pro』の総合評価

 

数多くのシステムが搭載された『フューチャーセクシャル Pro』でしたが、実際に蓋を開けてみると蛇足な機能も多く、実際に評価できるポイントをまとめると以下のような点でした。

  • ピストン式の中では静音性は高い方、しかしまだ実家暮らし向きと言えるほどではない。
  • 温め機能をボタン1つで簡単に稼働できるのは有難い、同じように温め機能のあるピストンヒートIRよりも高品質。
  • 膣圧を再現できるエアバッグ機能はホールの質を上げてくれるため有用だった。
  • 専用ホールが購入時に2種類あること

 

これらのポイントに十分満足できる人であれば、『フューチャーセクシャル Pro』を購入する価値は十分にあると言えます。

 

 

残念だったポイントは、数多くの機能を搭載しておきながら『動画連動機能』が付いていないことですね。

 

 

まだまだ低価格で品質の高い電動オナホールが普及するまでは時間がかかりそうです^^;

 

『フューチャーセクシャル Pro』の商品紹介はこちら

 

電動オナホール!独断と偏見のオススメランキング

TOPへ